子供の明るい将来を不登校支援センターで切り拓きましょう!

不登校から通信制高校への転校(高校生)

こちらでは、高校生になって不登校になってしまった場合を想定し、アドバイスを行っています。

中学までとは違う!高校生の不登校

「高校生の不登校」では、中学校までと決定的に違う点が1つあります。それは、義務教育でなくなったために進級の保証がないことでしょう。出席人数が不足したり、赤点(欠点)が規定以上になると留年という措置が取られてしまうことはご存じのとおりです。

また、義務教育においては不登校に対する学校側の対応も暖かいものになりがちですが、高等教育においてはそうとも限りません。「義務教育ではないのだから、通えないなら本人と家庭の責任」という突き放した見方をする高校も少なからず存在します。

基本的に、出席日数の1/3を超えて休んでしまった科目がある場合、留年となってしまう可能性が高くなり、不登校の場合、この1/3を超えるのは時間の問題です。留年してしまうと学校に行きづらくなり、さらに不登校が長期化するリスクも…。高校生の不登校にとって、進級という壁はまさに頭の痛い問題です。

無理をせずに通信制高校へ転校しましょう

全日制の高校で復帰を目指しても、留年が決まってしまえば道のりは険しくなります。また、不登校になってしまったら長いスパンで復帰を目指すのがセオリーですから「1年以内に必ず復帰させよう」と意気込んではいけません。全日制から通信制高校への転校を行い、環境を変えてリスタートするほうが現実的です。

定時制という選択肢もありますが、わざわざ転校するなら通信制のほうがオススメ。定時制は、不登校の子にとって全日制よりはずっと通いやすいシステムですが、結局のところ通学することに変わりありません。

転校先の定時制にも馴染めなかった場合、2度の転校をする必要が出てしまう可能性もありますから、最初から通学頻度が少ない通信制を選んだほうが卒業できる確率が上がるのです。

あくまで本人の気持ちを大切に

転校等も視野にいれ、色々な方法を模索する必要もあると思います。

学校によっては、出席日数が足りなくてもレポートなどで単位をくれる場合もありますし、また、通信制の高校でもレポート提出がメインになると思います。

個別で提携した塾や個別学習を取り入れるなどお子さんに合う学習の方法をいうものを見つけてていきたいですね。
>>>サポート校の詳細はこちら

以上、高校生の不登校に関するアドバイスでした。

 
HOME » 不登校の進路ケーススタディ » 不登校から通信制高校への転校(高校生)
不登校支援センター相談ガイド