子供の明るい将来を不登校支援センターで切り拓きましょう!

不登校からの大学進学(高校生)

こちらでは不登校になった高校生が、大学進学を目指す場合についてアドバイスを行っています。 

高認試験からの大学進学

大学進学不登校になってしまった高校生の中には、高校を中退して高校卒業程度認定試験を受験しようと考えている子もいるでしょう。

この高卒程度認定試験というのは旧大検のことです。この試験に合格すれば、高卒程度の学力があると認められ、大学受験の権利が与えられるのです。確かに理屈の上では、高認試験から大学へ進学して最終的に一般的なレールへ戻っていくことができそうです。

しかし、注意しなければならないのは、高認試験の合格はあくまでも大学に進学する資格が与えられるだけのものだというところ。合格すれば「高卒」になれるわけではないのです。

これはつまり、高認試験に受かっても大学進学に失敗した場合、最終学歴が中卒になってしまうことを意味するのです。これは、いったん大学に進学した上で中退した場合も同じこと。このケースでも、最後に卒業した学校は中学校になります。

現実問題、高卒なら仕事を見つけて普通の暮らしをすることも可能ですが、中卒となれば難しいと言わざるを得ません。可能ならば、通信制・定時制といった高校に行って高卒の資格を得ておいたほうが後々安全なのは間違いないのです。現在のところ、高認からの大学受験というのは将来的な状況変化に左右されやすい不安定な進路と断じざるを得ません。

通信制+サポート校という選択肢もあり

やはり、不登校状態からの第一選択は、通信制高校への転校でしょう。

そして、卒業を確実なものにするためには、平行してサポート校にきめ細かい指導をお願いするのが有効です。不登校になった場合、早急に元のレールに戻すことはオススメできません。しかし、元のレールから大きく外れすぎないことも非常に大切です。

具体的に説明しましょう。

不登校で全日制の高校に通えないのは仕方ありません。無理をせず、毎日学校に通わなくて良い環境へ移れば良いことです。しかし、高校にすら通わないのはレールから離れすぎた選択だと思います。通信制ならば、本人が別にやりたいことが有り、特に高校に通う必要も感じないのであれば、無理やり通わせる必要もないかと思います。

ただ、やはり本人も親も、高校や大学くらいは行きたいな、と考えているのであれば、転校、定時制などの他に通信を使う、という方法もあります。
ただ、あくまで通信やサポート校は定時制などとは違いますので注意が必要です。>>サポート校についての詳細はこちら

無理に学校へ行く必要はありませんが、わざわざ不利な方向へ舵を取る必要もないのです。不登校という状態を認めてあげつつも、同時に元のレールに戻りやすい位置をキープすることが、不登校の解決するための第一歩ではないでしょうか。

 
HOME » 不登校の進路ケーススタディ » 不登校からの大学進学(高校生)
不登校支援センター相談ガイド