子供の明るい将来を不登校支援センターで切り拓きましょう!

原因別!不登校への対処法

こちらでは、不登校の原因別に対処法のアドバイス&相談するべき機関のピックアップなどをしています。

不登校になってしまう原因とは?

不登校の原因を探る何より問題なのは“子どもが不登校になった”という事実に親御さんまで混乱してしまい、本来取るべき対処法とはかけ離れた行動を取ってしまうこと。

子どもを責めたり、学校に引きずっていったりしても、事態は悪化する一方です。

別に学校に通わなかったからといって、今すぐに大問題になるわけではありません。

落ち着いて「行きたくないなら、今は行かなくても良いや」というくらいの余裕を持ちましょう。

その上で様々な機関と連携を取りつつ、少しずつ少しずつ元のレールに戻っていけば良いのです。

人生は長いのですから「10年後に普通の状態になっていれば充分」というくらいの長いスパンで子どもの成長を見守ってあげるのが最良だと思います。

いじめが原因で起こるケース

こちらでは、いじめが原因の不登校について対処法のアドバイスをしています。基本的には、文科省管轄の相談ダイヤル・教育支援相談センターに相談しつつ、いじめのない別の環境へ移すことが大切です。

>>いじめによる不登校

ひきこもりが原因で起こるケース

こちらでは、ひきこもり状態になって不登校が続いている場合のアドバイスをしています。心療内科を受診しつつ、適応指導教室(小中学生)・家庭教師・通信制高校(高校生)といった学校以外の方法で学習・対人コミュニケーションのサポートを行うことが大切です。

>>ひきこもりに端を発する不登校

対人恐怖などが原因で起こるケース

こちらでは、ひきこもりには至らないまでも対人恐怖症・人が沢山いる場所が苦手といったタイプの不登校に対するアドバイスをしています。心療内科・カウンセラーなどに相談しつつ、適応指導教室(小中学生)・通信制高校(高校生)への転校などが選択肢に上がってくると思われます。軽度の場合は積極的な対処と平行して保健室登校から「学校に慣れる」という方法もあります。

>>対人恐怖など、カウンセリングが必要な不登校

心身症など心の病が原因で起こるケース

こちらでは、朝学校へ行く時間になると体調を崩すなど心身症を発症している不登校へのアドバイスを行っています。心療内科の受診は当然として、本人が出来る範囲で定時制や通信制(高校生)・適応指導教室(小中学生)といった場所を利用することを検討してください。

>>心身症への対応が必要な不登校

学力不足が原因で起こるケース

こちらでは、学力不足で授業について行けず、学校へ行くことが苦痛になってしまったタイプの不登校についてアドバイスしています。サポート校・通信制(高校生)・家庭教師などを利用して一般的な学力を取り戻すことが解決の第一歩です。

>>学校の勉強が分からないことによる不登校

非行などが原因で起こるケース

こちらでは、非行に端を発する不登校を想定したアドバイスを行っています。程度によっては法務省管轄の少年鑑別所へ相談したほうが良い場合もありますが、よほどの問題行動を起こしているのでもない限りは、カウンセラーへの相談だけもで充分な効果を期待できると思われます。学校復帰の前段階としてフリースクール。サポート校などの選択肢もあります。

>>非行など、特別な対応を要する不登校

どのケースも共通して言えるのは、非行で他人によほどの迷惑をかけているのでない限り、まずは親が子どもの絶対的な味方になるべきだということです。

無理に学校に行かせるのではなく、いつかまた学校に行けるように一緒になって方法を考えてあげましょう。

不登校の子どもは社会・対人関係への不安でいっぱいです。家族への信頼まで失われてしまえば事態は悪化するばかり。とにかく、最後まで子どもの味方でいてあげることが大切です。

コンテンツ一覧

いじめによる不登校
こちらでは、いじめが原因で不登校に陥っている子どもさんへの接し方・改善策などのアドバイスを掲載しています。
ひきこもりに端を発する不登校
こちらでは、ひきこもり状態になっているために不登校になってしまったお子さんへの接し方・改善策をアドバイスしています。
 
対人恐怖など、カウンセリングが必要な不登校
こちらでは、対人恐怖・対人緊張症といった神経症を発症したために不登校になってしまっているお子さんへの接し方・改善策をご紹介します。
心身症への対応が必要な不登校
こちらでは、心身症による体調不良が慢性化しているケースの不登校について様々なアドバイスをご紹介しています。
 
学校の勉強が分からないことによる不登校
こちらでは、勉強について行けなくなってしまったことで学校に行きづらくなってしまった、子供への対応アドバイスをご紹介します。
非行など、特別な対応を要する不登校
こちらでは、非行などによって学校に通わなくなるタイプの不登校についてアドバイスしています。多くは不登校支援センターの助力で改善可能です。
 
わが子が不登校…先生が怖いという理由
こちらでは、「先生が怖い」という理由で不登校となってしまった小学2年生のケースについて、アドバイスも合わせてご紹介しています。
小学生の不登校
こちらでは、小学生のお子さんの不登校について、問題点と対処法をご紹介しています。
 
HOME » 原因別!不登校への対処法
不登校支援センター相談ガイド